常任指揮者 
笹口 圭吾(ささぐちけいご)

大東文化大学文学部卒業。在学中、故・関屋晋に合唱を学ぶ。洗足学園音楽大学附属指揮研究所修了。指揮法を秋山和慶・河地良智、ピアノ・コレペティョンを島田玲子・橋本智紗、合唱指揮を清水昭・清水敬一、声楽を大久保昭男の各氏に師事。関東各地で16合唱団の常任指揮者を任される。創価学会しなの合唱団を指揮し、全日本合唱コンクール全国大会にて度重なる金賞を受賞。江東少年少女合唱団の指導が評価され、江東区文化コミュニティ財団功労賞受賞。民音主催「はじめての合唱指揮ワークショップ」をはじめ、各地で指導者講習会の講師を歴任する。現代作品の初演も多い。江東区文化センター講師、JCDA日本合唱指揮者協会実行委員。

ヴォイストレーナー
木下 泰子(きのしたやすこ)
東京学芸大学を経て、東京芸術大学卒業。同大学院修士課程音楽研究科独唱専攻修了。在籍中伊藤謝恩育英財団より奨学金を受ける。
声楽を横山和彦、高橋修一、佐々木成子の各氏に師事。これまでに数多くの宗教曲、交響曲やオペラのソリストを務める。
友愛ドイツ歌曲コンクール入選。奏楽堂日本歌曲コンクール奨励賞。千葉県立幕張総合高等学校音楽科非常勤講師。中央大学附属高等学校合唱部委嘱指導員。日本声楽アカデミー正会員。

ピアニスト
奥田 和(おくだなぎ)
玉川大学文学部芸術学科音楽専攻首席卒業。ピアノを田中瑶子氏に師事。ライナー・ホフマン氏にドイツ歌曲、塚田佳男氏に日本歌曲の伴奏法を学ぶ。コロムビア、ビクター等の教育用合唱CDの録音に参加。オペラ、歌曲、合唱を中心に活動を行う。